ディスコミュニケーションを防止する!組織づくり5つの技

ディスコミュニケーションを防止する!組織づくり5つの技

それぞれの組織には目的があり、そして集団の結束の為にコミュニケーションをとる事がとても重要になっています。しかしどんな組織でもディスコミュニケーションは存在するのです。それを悪いこととを捕らえるだけでなく、さらに組織としての結束を固める為にも、ディスコミュニケーションを改善するプロセスがとても意味のあることに繋がります。

人間関係をスムーズにする為には、相手を理解することが基本となります。そこで生じる誤解や葛藤、そして理解が不可能な関係など、色々な場面でディスコミュニケーションを体験する事があるでしょう。ではどのような方法でディスコミュニケーションを防止したら良いのか、組織作りにポイントになる技をお伝えします。



 

ディスコミュニケーションを防止する!
組織づくり5つの技

 

言葉使いに注意しよう


コミュニケーションで基本となるのが話し方です。言葉使いはとても大切で、特にビジネスシーンでは、相手の話し方が原因でディスコミュニケーションとなることがあります。

せっかくうまく会話が進んでいても、ちょっとした表現を誤ってしまったり、相手を敬わない言葉使いなどとても大きなダメージとなってしまいます。特にビジネスとプライベートでは全く言葉使いも異なります。

正式な場所で恥ずかしい思いをしないためにも、会話力、そして言葉使いは注意をしましょう。ディスコミュニケーションになってしまうのは、ほんの些細な事がきっかけになる場合が多いのです。防止策としてまずできることは、どんな人に対しても、丁寧な会話を持つ事を心がけることです。

 

情報の共有をしよう


組織の中で大切なのは情報の共有をすることです。同じレベルでコミュニケーションをとるためには、同じ情報を持っていないといけません。しかし、人間関係がうまくいっていない場合には、連絡不足などにより大切なことを伝達できない事があります。

組織の中では同じ目標に向かって進むことが必要になります。特に最新の情報をお互いに理解して共有する事で、組織の一員としての連帯感が生まれるのです。

ディスコミュニケーションを改善する為には組織のなかでは特に大切なポイントになります。ディスコミュニケーションは、些細なことから始まる為に、自分勝手な言動をとることはまず控える事が必要ですね。

 

会話を活用してコミュニケーションをとろう


近年コミュニケーションの主役となっているのが、メールやSNSなど、直接相手の顔を見ながら会話をする事がとても減ってきました。活字だけではディスコミュニケーションになる可能性がとても高く、お互いに誤解をしてしまうケースがとても多いのです。

メールでは簡単に連絡を取れるメリットがありますが、相手の感情が伝わらない為に、大切なことも重要さが相手に通じないこともあります。

そのため組織の中では会話をたくさん持つ事がディスコミュニケーションを防止する解決策となります。相手の心を動かすようなアプローチをする為には、相手の表情を見ながら話をする事が一番効果的です。

 

自分の感情のコントロールをしよう


コミュニケーションをとる時に、とても大切になることが感情表現の方法です。組織の中では集団行動をとる事が必要になる為に、自分勝手な言動をとる事は好ましくありません。

そして感情を出すことも、特にビジネスなどのシーンではプロ意識が欠けてしまうと判断されがちです。自分の気持を表現をするときに、相手の気分を害する事なく、うまく感情を抑えながらコミュニケーションをとる事が大切になります。

組織という集団の中では必ずリーダー的な存在をはじめ、上下が生まれてくるものです。お互いの立場を生かしながら上手に付き合うことが大切ですので、感情的になることはなるべく控えましょう。

 

相手の立場に立って接してみよう


ディスコミュニケーションの原因になることは、一番の問題は相手に対する思いやりが欠けてしまう事です。相手の立場に立った視野で物事を判断することが重要ですね。会社の同僚、上司、友達、学生など色々な組織としての形があります。

どんな場合でも、集団では相手をまず思いやる心が、コミュニケーションをうまくとるコツになります。なんとなく話が通じない、共感できないそんな不調和を起こしてしまうのは、相手に対する気持ちが離れていることも原因です。

どんな状況でも協力できるような心の広さを持つ事で、さらにスムーズにディスコミュニケーションを予防する事ができるのです。

 

いかかでしたか。

組織を活発にする為にはディスコミュニケーションを無くす事が必要です。ぎくしゃくしてしまう組織は、なかなかお互いの理解や協力を得る事が出来ません。仕事や学校、家庭などどんな組織でもお互いに気持よく過ごす為には、信頼感を築くことも必要なのです。

価値観の違う人間が集まると、なかなか上手に意思の疎通をする事が難しいですよね。全ての人が同じ気持で組織の中に存在する為には、自分だけよければよい、という自己中心的な考え方は無くす事が必要なのです。

ディスコミュニケーションは、大切な人間関係にヒビが入ってしまうほど、深刻化してしまうこともあります。よりよい組織にする為には、この記事を参考にして誤解のないコミュニケーションを心がけより良い組織を作っていくことが大切です。

 

まとめ

ディスコミュニケーションを防止する!組織づくり5つの技

・ 言葉使いに注意しよう
・ 情報の共有をしよう
・ 会話を活用してコミュニケーションをとろう
・ 自分の感情のコントロールをしよう
・ 相手の立場に立って接してみよう

あなたの環境を見直そう!

今日は、あなたが現在どのような人間関係を持っていて、どのような意識を持ち、何を行えば良好な人間関係を築くことが 出来るかを知ることが出来る、ワーク形式のエクササイズシート 「コミュニケーションマップ」を用意しました。ぜひあなたの目標達成のために活用してください!あなた自身に変化を与えることで、抱え る人間関係の問題の多くが解決し、良好なコミュニケーションに 恵まれる素晴らしい毎日を送ることができますよ。

人間関係を改善する為のワークシートコミュニケーションマップはこちらからどうぞ

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント