ダイエットに運動を取り入れて健康ボディになる5つの技

ダイエットに運動を取り入れて健康ボディになる5つの技

ダイエットには運動が欠かせません。ダイエットと言えば、食事制限と思っている人もいますが、運動を取り入れない食事だけを制限したダイエットは、筋力が落ちてしまうため、すぐにリバウンドしたり、健康が脅かされたりすることがあるんです。

これでは、ダイエットが成功したとは言えませんよね。ダイエットの成功とは、体重を落とすことだけでなく、健康な体を手に入れること。そのため、ダイエットに運動は欠かせないんです。

とは言え、ダイエットに運動を取り入れても長続きしなかった人や具体的にどんな運動をすれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエットに運動を取り入れて、健康な体を手に入れる方法をお伝えします。



 

ダイエットに運動を取り入れて
健康ボディになる5つの技

 

ストレッチで体の準備を整えましょう


ダイエットに運動を取り入れるということは、運動をして体重や体脂肪を減らすということ。でも、ただやみくもに運動をすれば良いわけではありません。

脂肪の燃焼を促すためにも、運動前にストレッチを取り入れ、体の準備を整えましょう。思わぬケガや事故を防ぐことにもつながりますよ。ストレッチとは、反動をつけずに筋肉を引っ張って伸ばす運動のこと。

運動の前後にストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性が高まるだけでなく、関節の可動域も広がるため、ケガや筋肉痛の予防になります。

ストレッチと聞くと、なんとなく準備運動をイメージする人もいますが、実は、日ごろから運動をしない人がストレッチをしっかりと行うだけでもダイエット効果があるんですよ。

運動を始める前にストレッチして、体に「今からダイエットの運動を始めるよ!」と知らせることで、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

「これから使う筋肉に刺激を与えること」と「10分程度時間をかけること」この2点に注意してストレッチするのがコツです。背伸びや屈伸など筋肉を伸ばす運動をゆっくりと行いましょう。

 

筋トレで基礎代謝をアップさせましょう


ダイエットといえば、真っ先に「食事のコントロール」を思い浮かべる人って多いですよね。食べる量を減らしたり、食事の回数を減らしたりなどして摂取カロリーを減らせば、確かに体重は落とせますが、それは一時的なもの。

「食べない」ダイエットは、筋肉量が減ってしまうため、食事を戻せばすぐにリバウンドしてしまうんです。本当の意味でのダイエット成功とは、「理想的な体型を維持すること」ですよね。

そのためには、基礎代謝量をアップさせることがポイント。基礎代謝量とは、じっとしていても消費されるエネルギー量のことで、高ければ高いほど、痩せやすく太りにくい体になります。

私たちの体の中で、もっともエネルギー消費が多い部分は筋肉です。つまり、筋肉量が少なければ基礎代謝量も少ないため、痩せにくい体になってしまうということ。毎日の運動に筋トレを取り入れ、筋肉量を増やして、基礎代謝量をアップさせましょう。

筋肉の中でも特にエネルギー消費が大きいのは、体幹筋と呼ばれる胸、背中、お腹、脚の筋肉です。体のラインや姿勢も美しくなるので、体幹筋を中心に鍛えるのもおすすめですよ。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう


私たちの体内に入ってきた脂肪は、血液中に運ばれ、エネルギーとして消費されるのを待ちます。前述のとおり、エネルギーをもっとも多く消費するのは筋肉ですが、筋肉を動かさないと脂肪が燃焼しないので、体脂肪として蓄えられてしまいます。

食事をコントロールするだけではダイエットがうまくいかない理由がここにもあるんですね。ダイエットの運動として取り入れたいのが、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動です。

有酸素運動は、筋トレのような無酸素運動よりもたくさんのエネルギーが必要になる運動なので、長く続ければ続けるほど、脂肪もたくさん燃焼されます。

また、有酸素運動を続けると、新陳代謝が良くなるので、体の中から美しく健康的に痩せることができます。効率よく体脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を20分以上続けることと食後1時間以内は避けることがコツです。

日ごろから運動の習慣がない人は、片道10分ほどのウォーキングやテレビを観ながら踏み台昇降運動など、比較的取りかかりやすいものから始めてみるのも良いですね。

 

食事は抜かずにしっかりと食べましょう


ダイエットに運動を取り入れるとき、もっとも注意したいのが食事です。ダイエットを始めると、どうしても「少しでも早く結果を出そう」と思いがち。結果として、食事を減らしたり抜いたりしてしまう人もいますが、これは逆効果。

ダイエットのための運動をしても体を動かすために必要な栄養素が不足してしまうと、思うような効果が得られなくなってしまうんです。

これではせっかくの運動も台無しですよね。ダイエットに運動を取り入れるときには、食事は抜かずにしっかりと食べましょう。さらに運動の種類に合わせて必要な栄養素を積極的に摂ることで、ダイエット効果をアップすることができます。

【無酸素運動に必要な栄養素】
筋トレのような無酸素運動を行うと、疲労物質と呼ばれる乳酸が溜まり、筋肉が傷つけられてしまうため、次のような疲労を取り除く栄養素を摂ることが大切です。

・BCAA(牛乳、牛肉、チーズ、鶏肉など)
・クエン酸(柑橘類、梅干、トマトなど)
・ビタミンA(うなぎ、レバー、緑黄色野菜など)
・ビタミンC(柑橘類、いちご、じゃがいもなど)
・ビタミンE(ごま、アーモンド、カボチャなど)

【有酸素運動に必要な栄養素】
有酸素運動は、体内の糖質や脂肪を燃焼することでエネルギーを作り出しているため、糖質や脂肪の燃焼をサポートする栄養素を積極的に摂りたいですね。

・アミノ酸(鶏肉、蕎麦、大豆製品など)
・ビタミンB1(豚肉、たらこ、玄米など)・ビタミンB2(豚レバー、モロヘイヤ、納豆など)

 

運動後はストレッチをして疲労回復を早めましょう


ダイエットで運動をして痩せるためには、運動を継続させることが大切です。でも、日ごろから運動の習慣がない人は特に、運動すると疲れたり、翌日以降に筋肉痛に見舞われたりしますよね。

これが、ダイエットで運動をしようと思ってもなかなか続かない原因のひとつです。ダイエットとしての運動を継続させるために忘れずに取り入れたいのが、運動後のストレッチです。

運動前のストレッチは、体の準備を整える働きがありますが、運動後のストレッチには、疲れた体や筋肉をクールダウンさせる働きがあります。

同じポーズを20~30秒キープするストレッチがおすすめです。運動後のストレッチには、アンチエイジング効果もあるので、運動後の体のケアを疎かにしないようにしたいですね。

 

いかがでしたか。

ダイエットには運動が必要不可欠だと言われますが、日ごろから運動の習慣がないと、なかなか続かなかったり、どんな運動をすれば良いのか分からない人も多いですよね。

ダイエットに運動を取り入れる場合には、運動前後のストレッチが大切です。運動には、スイミングやウォーキングなどの有酸素運動と筋トレのような無酸素運動があり、それぞれ異なった働きがあります。

有酸素運動は脂肪の燃焼、無酸素運動は基礎代謝をアップさせることができるので、効率よくダイエットを進めるためには、どちらの運動も取り入れると良いでしょう。

運動を始めたからと言ってすぐに効果が現れるわけではありませんが、継続することで健康的で美しい体を手に入れることができます。ぜひ、ここにご紹介したことを参考に、ダイエットに運動を取り入れてみてくださいね。

 

まとめ

ダイエットに運動を取り入れて健康ボディになる5つの技

・ ストレッチで体の準備を整えましょう
・ 筋トレで基礎代謝をアップさせましょう
・ 有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう
・ 食事は抜かずにしっかりと食べましょう
・ 運動後はストレッチをして疲労回復を早めましょう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント