つらい頭痛の原因、ストレスを緩和する9つの方法

つらい頭痛の原因、ストレスを緩和する9つの方法
人は誰でも一度は経験する頭痛。日本人は3人~4人に一人が頭痛持ちと言われ、病院を訪れる患者のうち、約10%が頭痛を主な症状として訴えている、という統計もあります。

単に頭痛といっても様々な種類があります。女性を悩ます片頭痛、二日酔いの主症状である頭痛、インフルエンザや風邪の影響で頭痛、そして現代社会が抱える様々なストレスが原因の頭痛もあります。

これらの頭痛の中から、今回はストレスを主な原因とする頭痛にスポットを当て、その原因とストレスの緩和を促すことでつらい頭痛から解き放たれる方法をお伝えしましょう。



 

つらい頭痛の原因、
ストレスを緩和する9つの方法

 

その1: ストレスの原因を自己分析する

ストレスを原因とする頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれています。ストレスには大きく2つの種類があり、無理な姿勢を続けることや目を酷使したために起こる「身体的ストレス」と心配事や悩みを抱えることで起こる「精神的ストレス」があります。

音楽界で「神童」と呼ばれたモーツァルトも晩年はひどい頭痛に悩まされていたと言われ、その原因はあまたの名曲を作曲して世に送り出しているのに、世間では評価されず、生活は困窮の一途だったという精神的なストレスが原因とされています。

また、五千円札のモデルになった樋口一葉も慢性的な頭痛持ちだったとされています。彼女の一生はやはり貧困との二人三脚だったようで、生活を支えるために夜遅くまで針仕事をしたり、小説作家に叶わぬ恋をしたりした身体的、精神的ストレスがその原因だったようです。

こうしたストレスにつながる原因というのは、実は自分の生活を振り返ると意外に発見できるものなのです。まず、自分が何にストレスを感じているのか。これを探ることが頭痛解消の第一歩になるのではないでしょうか。

 

その2: 身体的ストレスには適度な休憩を

身体的ストレスの場合、目の使い過ぎや長時間同じ姿勢を続けることにより、肩こりが原因で頭痛になっていることが多いのです。

仕事柄どうしても同じ姿勢を続けなければならなかったり、パソコンの画面を一日中見ているような人は、こういうことが原因で頭痛持ちになっています。

適度な休憩を仕事の合間に入れることで身体的なストレスはぐっと減ることになります。

 

その3: 精神的ストレスには気分転換を

精神的ストレスの場合、対人関係や生活上の悩み几帳面な性格など簡単に変更できなかったり改善できなかったりする原因が多くあります。

これらの原因がすべて解消できれば頭痛など感じない生活が送れるのでしょうが、一朝一夕に変えられるものではありません。

気分転換を図ったり、プライベートとオフィシャルの切り替えを意識して明確に行うといったこれまでとちょっと生活態度を変えることがストレス軽減のきっかけになることでしょう。

 

その4: 薬を使った緩和

現在病院で頭痛に対する薬として処方されているのは
①筋肉痛を緩和する「筋弛緩剤」
②痛みを直接緩和する「鎮痛剤」
③ストレスによる緊張をほぐす「精神安定剤」があります。

もちろん対処療法としての処方薬はそれなりに効果がありますが、常用することで効き目が悪くなることもあります。常用を避け、頓服としてであれば、緩和に効果が期待できそうです。

漢方薬でも「川きゅう茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)」というお茶の成分を含んだものや「加味逍遙散」(かみしょうようさん)や、「抑肝散加陳皮半夏湯」(よくかんさんかちんぴはんげ)といった頭痛、肩こりに効果のあるものもあります。

ただし、漢方は即効性がなく、ある程度の期間服用し続けることで効果をもたらすものですから、時間がかかるといえるでしょう。

 

その5: マッサージ、ツボ指圧

身体をゆっくりと揉みほぐしてくれるマッサージは、血行促進や体内の老廃物を排出するなどの効果があります。血流が良くなると身体が温まるので、気持ちが良くなります。

凝った筋肉も解してくれますし、精神的なストレスの緩和にも役立ちます。ただし、自分でできるものではありませんので、当然有料の専門家に身を委ねることになります。

ツボ指圧は自分ですることができます。指で行うのも効果がありますが、ボールペンのキャップなど少し硬いものでツボを刺激してやると効果が期待できます。

ストレスの原因となる肩こりに効くツボとしては、合谷(ごうこく) – 親指と人差し指の間。両指の骨がつながっている部分から指一本分ほど人差し指側へ。

頸頂点(「けいちょうてん) – 人差し指と中指の間。 曲池(きょくち) – 肘を曲げた時にできるシワの先端部分。 手三里 (てさんり)- 腕を曲げた際のシワから手の方向へ指3本分。などが代表的なツボで、やりすぎないことにも注意が必要です。

 

その6: 入浴によるリラックス効果

ストレス軽減には、37℃~39℃のぬるま湯に20~30分程度ゆったりと入るのがベストとされています。

微温の効果で副交感神経が活発になると同時に、浮力効果で体重も軽くなり、ゆったりとできます。大きな浴槽で体を伸ばしてプカプカ浮くようにするといい気持ちになるのは、浮力による体への直接的な効果が大きな役割を果たしています。

不感温度に近い、うんとぬるめのお湯に30分くらいゆったりとつかりましょう。そうすればリラックス感が広がります。

 

その7: 枕や寝具の調整

主に身体的ストレスの原因の一つとされているのが、枕の高さや敷布団・マットレスの硬さが合わないために不自然な寝方をして熟睡できず、疲労が蓄積してしまうということがあります。

自分にとってベストな寝具というのは、自分で選ぶことができませんが、最近は寝具店で枕の高さを測ってMy枕を作ってくれる店もあります。

人生の3分の1を占める睡眠時間も実はストレス解消に有効な手段だということなのです。

 

その8: 適度な運動でリラックス

仕事の合間に運動はできるものではありませんが、自宅に帰って夕食後に小一時間ほどウォーキングをするのもリラックス効果が期待できます。

ただし、漫然と散歩するよりは少し早足で20分以上歩くことが重要です。脂肪の燃焼は継続して20分以上の運動で促進されると言われており、脂肪の燃焼と同時に適度な肉体的な疲労で安眠効果もあります。

注意することは食事の後、最低30分以上運動開始までの時間を取ることと、運動終了後にも30分以上のクールダウンの時間を設けることでしょう。

屋外での運動が苦手だ、という人は室内での簡単なストレッチなども効果があります。

 

その9: 頭痛指数を計算してみる

頭痛指数というものがあるのをご存知でしょうか。

頭痛指数 = 頭囲の3乗×頸の長さ / 頸囲の2乗×1000
※頸囲は首の周りの長さ、頸の長さは、うつむいた状態で、後頭部の出っ張り部分から第7頸椎(骨の出っ張り)までの長さ

この数式で算出される数字が3以上だといわゆる頭痛持ちだそうです。日本人の平均値は男性で2.0、女性で2,4です。平均値より高めの人は普段からの予防が必要ですね。

 

ずっと悩まされ続けてきた頭痛の原因であるストレスは、日頃のちょっとした生活の工夫で、十分緩和できるものなのです。

今頭痛にお悩みの人はもちろん、頭痛を予防する方法としてこれらのことを実践してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

つらい頭痛の原因、ストレスを緩和する9つの方法

その1: ストレスの原因を自己分析する
その2: 身体的ストレスには適度な休憩を
その3: 精神的ストレスには気分転換を
その4: 薬を使った緩和
その5: マッサージ、ツボ指圧
その6: 入浴によるリラックス効果
その7: 枕や寝具の調整
その8: 適度な運動でリラックス
その9: 頭痛指数を計算してみる

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。
頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

頭をスッキリさせる音声:

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. かみん says:

    コメント残させていただきます。

    確かにストレスの自己分析は大事ですよね。
    あと、頭痛指数って始めて聞きました!
    これは凄いですね。

    私も頭痛のブログを書いていますが、
    この記事、とても勉強になりました。

    また、訪問させていただきますね(^-^)

コメント