旦那のストレスで破滅する前に!関係を改善する日常会話術

旦那のストレスで破滅する前に!関係を改善する日常会話術

日ごろから「旦那と会話が続かない」「旦那と一緒にいてもつまらない」「旦那が話を聞いてくれない」などと、旦那さまに対して不満を感じている方は多いですよね。

これらの「旦那」に対するストレスは、放っておくと主人在宅ストレス症候群などの夫源病になるリスクを高めるばかりでなく、離婚の原因にもなりかねません。あなた自身や夫婦生活が破たんする前に、なんとかしたいと思いませんか?

夫婦円満で一生を添い遂げるためには、夫婦のコミュニケーションが大切です。そこで今回は、夫婦関係を改善する会話術にスポットをあて、夫婦関係について考えてみましょう。ぜひ、よい夫婦関係を築いていくための参考にしてみてくださいね。



 

旦那のストレスで破滅する前に!
関係を改善する日常会話術

 

話したいことをしっかりと言葉にした話し上手を目指しましょう


男性から見ると、「女性の話は何が言いたいのかよく分からないと言われることが多い」私たち女性の会話。この女性特有の話し方が「旦那が話を聞いてくれない」「旦那との会話がはずまない」と感じている原因となっているかもしれませんよ。

仕事で理論的な話し方をする機会の多い男性は、女性に多い「話しながら考えをまとめる」ような話し方に慣れていないため、男性である旦那さまに理解しやすい話し方をする必要があるのです。

そのためには、まず話したい内容をしっかりと言葉にして伝えましょう。そのあとで、話の内容の説明や背景などを伝えるようにすると男性にも理解しやすくなりますよ。

 

話を上手に聞くテクニックを身につけましょう


同じように、私たち女性も男性の話を聞いていても分からないと感じることやつまらないと思うこともありますよね。しかし、夫婦円満には会話でコミュニケーションを図ることが必要不可欠です。

旦那さまの話を上手に聞けるテクニックを身につけましょう。聞き上手になるためには、相手の話を途中で遮らず、最後まで聞くことが大切です。相手の話の途中で相づちやオウム返し、共感などのテクニックをタイミングよく入れることがポイント。

こうすることで、話をきちんと聞いてくれる、理解しようとしてくれている意志が相手に伝わります。適度にアイコンタクトを入れてもよいですね。

 

気持ちは出し過ぎても出さな過ぎてもダメ!適度に表現しましょう


夫婦円満で毎日を過ごすためには、あなた自身の気持ちを表現しすぎてもしなさすぎても問題が生じてしまいます。あなたが気持ちをあまり表現せずにいると、会話がだんだんと減り、必要なことしか話をしないような関係になってしまいます。

これではなんのための夫婦なのか分からないですよね。あまりにも気持ちを言葉にしないでいると、頼りにしてもらえないと思われてしまうかもしれませんよ。生活を共にする結婚生活は、付き合っているころと違い、なかなか恋人同士だったころのように何気ない会話を楽しむことができなくなってしまいます。

少しずつ自分の気持ちを表現するようにしてみましょう。最初は難しいと思う方は、食事や旅行に誘うなど小さなことから始めてみるとよいでしょう。また、気持ちを表現しすぎてしまっても問題です。気持ちを出し過ぎてしまう傾向がある方は少し振り返ってみてください。

会話の内容が愚痴や不満ばかりになっていませんか?相手に多くを望み過ぎていませんか?これでは、旦那さまが距離を置きたいと思ってしまっても無理はないですよね。

言葉にした気持ちがたとえ本心でも、それをすべて相手に伝えてしまっては、相手の逃げ場がなくなってしまいます。どちらか一方だけに負担がかかる結婚生活は、いずれ破たんしてしまうこともありますので、ときには自分の中で自分の気持ちに折り合いをつけ、言葉にしないことも大切です。

 

相手を否定せず日ごろから感謝の気持ちを言葉にしましょう


旦那さまと会話をしているときに、決してしてはいけないことがあります。それが「否定」です。人は老若男女問わず、何かひとつを否定されると自分の存在すべてを否定されているような気分になってしまうことがあります。そのため、無意識に自分の居場所を守ろうとするあまり、ケンカ腰になってしまうのです。

自分が否定されたときのことを思い返してみれば、お分かりいただけるのではないでしょうか。悔しかったり悲しかったりしませんか?パートナーの話を聞いているときには、頭から否定せずに、まずはパートナーの思いを肯定して、共感してみましょう。あなたの意見を離すのはそのあとです。

そして、もっとも大切なことは、日ごろから感謝の気持ちを言葉にすること。「いつもお疲れさま」「いつも遅くまでありがとう」など、意識的に言葉にすることが大切です。

 

お互いが本音で話せる関係を築くためには喧嘩することも大切です


昔から「喧嘩するほど仲が良い」と言いますが、お互いが本音で話せる関係であれば、衝突が起こることもありますよね。そういう意味では、喧嘩するほど仲が良いというのは、事実です。会話の中で、「おかしいな」「何か変だな」と感じたら、迷わずにそれを言葉にすることも大切です。

この違和感に気づかなかったフリをして「この人はこういう人だから」と決めつけ諦めてしまっては、夫婦関係はずっと平行線のままですよね。争いを好まないという方もいます。

どれほどの似た者夫婦であっても、あなたと旦那さまとでは、物事の感じ方、考え方、価値観などにズレが生じています。このズレがあることをお互いが知り認めるためにも、また、関係を深めるためにも、時に喧嘩は必要な経験となるのです。

 

お互いが「夫婦の問題」を解決する意思を持って話し合いましょう


家では何もしてくれない、どこにも連れて行ってくれないなど、旦那さまに対して、不満を抱えている方も少なくないですよね。しかし、不満をそのまま言葉にしてしまっては、問題の解決を図ることができません。

夫婦間の問題は、どちらか一方だけに問題があることよりも、お互いに問題があることの方が多いものです。それを忘れ、どちらか一方だけのせいにして責任を押しつけたり、相手の人格を攻撃するような言葉や相手を見下すような言葉を使ってただ感情のままに喧嘩をしていては、問題を解決するどころか、余計に問題を大きくしかねません。

不満はただ不満として吐き出すのではなく、それを解決するような言い回しで切り出し、二人が幸せになるための解決方法を探っていくことが夫婦円満の喧嘩のコツです。

 

日ごろから会話が少ないご夫婦は会話ができる環境を整えましょう


なかには、なかなか会話する時間がないという夫婦もいますよね。まずは、会話をする環境を整えてみましょう。家にいる間はいつもテレビがついたままになっていませんか?これでは、テレビに夢中になってしまい、会話がなくても仕方ないですよね。

食事中はテレビをつけない、テレビは○時までと決まりを作って、それ以外の時間は会話を楽しむ時間にあててみましょう。少量のアルコールや低音量の音楽などがあると、会話しやすい環境を整えるのに役立ちます。休日にはティータイムなどを設けてみてもよいですね。

 

いかがでしたか。

生活を共にする結婚生活では、どうしても馴れ合いになってしまいがちです。そのため「言わなくても分かるだろう」と思ってしまいますが、どれだけ長く同じ時間を過ごしても、相手の思うことや言いたいことが分かるとは限らないですよね。

あなたのことを知ってもらうためにも、旦那さまのことをよく知るためにも、夫婦間の会話はとても大切です。この部分をないがしろにすることが続くと、離婚に繋がりかねません。

夫婦とは言え、あなたとは違う別個の人間だということを忘れずに、相手を思いやれる会話をすることを心がけ、仲の良い夫婦を目指してみてくださいね。今からでも遅くはありません。ぜひ試してみてください。

 

まとめ

旦那のストレスで破滅する前に!関係を改善する日常会話術

・ 話したいことをしっかりと言葉にした話し上手を目指しましょう
・ 話を上手に聞くテクニックを身につけましょう
・ 気持ちは出し過ぎても出さな過ぎてもダメ!適度に表現しましょう
・ 相手を否定せず日ごろから感謝の気持ちを言葉にしましょう
・ お互いが本音で話せる関係を築くためには喧嘩することも大切です
・ お互いが「夫婦の問題」を解決する意思を持って話し合いましょう
・ 日ごろから会話が少ないご夫婦は会話ができる環境を整えましょう

感情を引き出してモチベーションUP!

その為に今回はたった3分でできる『あなたの感情をググっと引き出す音声』を作りました。あなたの感情を誘導するナレーションが入っているので、音声に従って感情を出してみて下さい。スッキリした気分になりますよ。

こちらの音声は、ダウンロードすることができます。気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに聞いて下さいね。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント