カウンセラーを適切に選んで、快適に働くメンタル管理術

カウンセラーを適切に選んで、快適に働くメンタル管理術

仕事の悩みや家庭内の悩みを解決するために、大きな手助けとなってくれる存在が「カウンセラー」です。自分一人では解決できない問題や、行き詰まってしまってつらい状況などを打開したいときに、カウンセラーを利用するのはとても効果的です。

とはいえ、一口にカウンセラーといっても多種多様。どんなカウンセラーにお願いしたらいいのか、戸惑う人も多いはず。せっかく安くはないお金を払ってカウンセラーを利用するのであれば、信頼できる相手を見つけたいですよね。

また、何となく不信感や抵抗を感じて、今までカウンセラーを利用してこなかった…という人もいると思います。確かにあまたあるカウンセリング機関の中には、利益追求型で、故意にカウンセリングを長引かせようとしたり、料金体系が不明で高額なセッションを持ちかけたりする機関があることも事実です。

しかしそうした悪質な機関はごく一部。信頼できるカウンセラーに巡り合えれば、積年の悩みも解決するかもしれないのに、一部の悪質なカウンセラーを恐れて利用しないのはとてももったいないことだと思いませんか?そこで今回は、信頼できるカウンセラーを見分け、適切に選んで快適に働くためのテクニックを5つお伝えします。



 

カウンセラーを適切に選んで、
快適に働くメンタル管理術

 

「臨床心理士」や「産業カウンセラー」の資格を持ったカウンセラーを選ぼう


カウンセリングの資格には似たものがたくさんありますが、中でも特に社会的信用度が高いのは「臨床心理士」や「産業カウンセラー」。

たとえ臨床心理士の資格を持ったカウンセラーでも未熟な人はもちろんいるでしょうし、これらの資格を持っていない人の中にも優秀なカウンセラーは存在するでしょう。しかし、資格を目安に選ぶことで、カウンセラー選びで失敗する確率を下げることができますよ。

 

料金体系が明確なカウンセリング機関を選ぼう


カウンセリングや心理療法にかかる費用の目安は、だいたい1回50分5000円~13000円といったところ。これより大幅に高すぎるか、安すぎる料金体系を提示しているカウンセラーには、何らかの理由があることが考えられます。

必ずしも、料金が高いカウンセラー=質が高い、というわけではありません。また、料金をころころ変えるなど、料金体系が不透明なカウンセラーにも注意が必要ですよ。

 

プライベートや自分の経験談を必要以上に語るカウンセラーは避けよう


カウンセリングは、基本的にはカウンセラーがクライエント(相談者)の話を聞くことを中心に進んでいきます。

必要に応じてカウンセラーがプライベートや体験談を語ることもありますが、貴重な50分間のカウンセリング時間の中で、カウンセラー自身が5分も10分も話し続けるような場合には注意をした方がいいでしょう。

特に未熟なカウンセラーほど自分の話をしてしまう傾向がありますよ。

 

何年も通っている相談者が多いカウンセラーは避けよう


「何年も通っている相談者が多いカウンセラーは、それだけ信頼を得ているということじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

しかし、何年も通っているということは、カウンセリングしても何年も問題が解決できていないということ。カウンセリングの目的は、カウンセラーの存在がなくてもクライエントが健康的に生きていけるようになることのはずですよね。

10回以上カウンセリングを受けても何の進展もない…ということであれば、注意が必要です。営利を追求するあまり、わざと何度も通うように仕向けたり、クライエントが依存状態になるように誘導するカウンセラーもいます。

 

自分との相性を大切にしよう


ここまで、信頼できるカウンセラーの選び方をお伝えしてきましたが、最も大切なことは「自分にとって相性がいいと感じられる」カウンセラーを選ぶことです。

どんなに優秀で、実績のあるカウンセラーでも、自分とは相性が合わなかった…ということはよくあるもの。相性の合わないカウンセラーに通い続けても効果は薄いので、一度通ってみて相性が悪いと感じたら、遠慮せずに別のカウンセラーを頼ってみましょう。

 

いかがでしょうか。

日本では、心理カウンセリングや心理療法を行うための国家資格を設けていません。たとえば医療の世界であれば、手術以外の医療行為を行えるのは有資格者に限られており、国家資格を持っていない人が医療行為をすると、法律で罰せられてしまいますよね。

カウンセラーの世界では、そういった国家資格がなく、民間の資格や公的資格しかありません。それが、悪質なカウンセリング業者を生む一つの原因ともなっています。

カウンセラーの選び方としては、お伝えしたものの他にも、「クリニックの雰囲気で判断する」「セッションの場所を、カフェなどコロコロ変える人は避ける」など、カウンセリングを受ける環境に着目する方法があります。

どちらにしても、自分にとって居心地がいいと感じられる・信頼感を抱けるカウンセラーを選んでいきたいものですよね。ぜひ適切にカウンセラーを選ぶ方法を復習して、快適ライフを手に入れましょう!

 

まとめ

カウンセラーを適切に選んで、快適に働くメンタル管理術

・ 「臨床心理士」や「産業カウンセラー」の資格を持ったカウンセラーを選ぼう
・ 料金体系が明確なカウンセリング機関を選ぼう
・ プライベートや自分の経験談を必要以上に語るカウンセラーは避けよう
・ 何年も通っている相談者が多いカウンセラーは避けよう
・ 自分との相性を大切にしよう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント