コーヒーダイエットをする時に してはいけない5つの事

コーヒーダイエットをする時に してはいけない5つの事
コーヒー好きにとってはコーヒーでダイエットができたら、このうえなく素晴らしい話ですよね。コーヒーダイエットとは、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸の脂肪燃焼効果や脂肪分解効果により体脂肪を減らそうというダイエットです。

ただ、「うまい話には裏がある」という通り、コーヒーダイエットにも裏や落とし穴あり!自分の好きなようにコーヒーを飲むだけではダイエットにはならないのです。では、何に気を付ければコーヒーでダイエットをすることができるのか。

ということで、今回はコーヒーダイエットをする時にしてはいけない事をお伝えします。「コーヒーは好きだけどいっこうに痩せないぞ」という方はコーヒーダイエットのNGやタブーを犯しているかも!?ぜひ参考にしてください。

コーヒーに砂糖やミルクを入れること

コーヒーでダイエットをするのに、コーヒーで太っては何のことだか分かりません。ということで、コーヒーダイエットでは、コーヒーに砂糖やミルクは禁止!ブラックコーヒーを飲みましょう。甘い缶コーヒーももちろんだめですよ。

缶コーヒーや市販のコーヒー飲料のなかには「ブラックコーヒー」と書いていながら、全くブラックコーヒーではないことがあります。また、お砂糖いっぱいの「微糖」「甘さひかえめ」もあります。

こうした缶コーヒーをはじめとした市販のコーヒー飲料の罠に引っかからないように、市販のコーヒー飲料を飲むときは、商品名だけでなく必ずカロリーを確認してくださいね。

また、コーヒーをブラックにしても、コーヒーと一緒におやつを食べたのでは意味がありません。コーヒーダイエット中はコーヒーのおともは無しです。

 

カフェインレスのコーヒーを飲むこと

コーヒーダイエットとは、コーヒーに含まれるカフェインの脂肪燃焼効果や興奮作用を利用します。なので、コーヒーはコーヒーでもカフェインの入っていないコーヒーではダイエットはできません。

コーヒーダイエットをするときは、カフェインレスコーヒーやノンカフェインコーヒーではなく、カフェインの入ったコーヒーを飲んでくださいね。たんぽぽコーヒーなどコーヒー豆を使っていないコーヒーにはカフェインが入っていないので注意しましょう。

市販のコーヒー飲料やインスタントコーヒー、スティックコーヒーの中にはカフェインレスに加工されたものもあります。商品名に「カフェインレス」や「ノンカフェイン」と入ったコーヒー飲料やインスタントコーヒーは避けてくださいね。

 

寝る前にコーヒーを飲むこと

コーヒーに含まれるカフェインには興奮作用があり、睡眠前に飲むと眠れなくなることがあります。コーヒーダイエット中も、寝る前はコーヒーではなくカフェインの入っていない飲み物を飲むようにしましょう。

睡眠不足は食欲亢進や肥満の原因になりますよ。特に、寝る前にコーヒーやお茶を飲むと眠れなくなる・眠れなくなったことがあるという方は、カフェインの影響を受けやすい体質です。寝る前のコーヒーは控えてくださいね。

 

空腹時にコーヒーを飲むこと

コーヒーは胃の荒れや胃痛の原因になります。空腹時にはコーヒーは飲まないようにしましょう。コーヒーダイエット中は空腹をまぎらわすためにコーヒーを飲んでしまいがちですが、空っぽの胃にブラックコーヒーを流し込むと胃が荒れてしまいますよ。

空腹時にコーヒーが飲みたいときには、飴やチョコレートなどのちょっとした食べ物を胃に入れたうえでコーヒーを飲んでください。

また、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が胃への負担は大きいです。空腹時や胃の調子が悪いときには、キンキンに冷えたアイスコーヒーではなく薄めのホットコーヒーを飲んでくださいね。

 

運動後や夏の水分補給にコーヒーを飲むこと

コーヒーには興奮作用があり、さらに全身の血行を良くする効果があるため、運動前に飲むことで運動による脂肪燃焼効果を高めることができます。なのでダイエットをするとき、運動前にコーヒーを飲むことはおすすめです。

ただ、運動後にコーヒーを飲むのはおすすめではありません。コーヒーには利尿作用があるため、水分補給のつもりで飲んでも、かえって尿として水分が体外に排出されてしまうのです。

コーヒーは水分補給には不向きの飲み物ということ!運動後だけでなく夏の暑いときや飲酒後の水分補給にコーヒーは飲まないようにしましょう。

 

以上がコーヒーダイエットをする時にしてはいけない事についてでした。コーヒーダイエットのコーヒーで太ることのないように、ダイエット中は砂糖もミルクも入れないブラックコーヒーを飲んでください。

市販のコーヒー飲料の「ブラックコーヒー」や「微糖」には大量の砂糖やミルクが入っていることがあるので、必ずカロリーをチェックします。また、コーヒーのおともにお菓子を食べるのもだめですよ。

コーヒーダイエットではコーヒーに含まれるカフェインが重要な役割を果たします。なので、カフェインレスコーヒーはコーヒーダイエットでは飲みません。

空腹時や就寝前、運動後の水分補給にコーヒーを飲むのも避けましょう。コーヒーの興奮作用や利尿作用により、不眠や脱水症状が起きることがあります。

まとめ

コーヒーダイエットをする時にしてはいけないのは

・ コーヒーに砂糖やミルクを入れること
・ カフェインレスのコーヒーを飲むこと
・ 寝る前にコーヒーを飲むこと
・ 空腹時にコーヒーを飲むこと
・ 運動後や夏の水分補給にコーヒーを飲むこと

あなたが不幸なのは、運気のせいかもしれません。

運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

『神言鑑定』では、神の言霊であなたの運命日を鑑定し、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。

より良い幸せに導かれたい方はコチラ

連記事

コメントをお書きください