睡眠不足の一発解消テクで、今夜からグッスリ眠る5つの技

睡眠不足の一発解消テクで、今夜からグッスリ眠る5つの技

毎日の睡眠不足、蓄積されると仕事は捗らないし、お肌の調子や体調も何となく優れなくなってしまい、全くいいことはありません。

睡眠不足の原因は、忙し過ぎて寝る時間がないとか、ストレスとか様々ですが、どんな理由であろうと、この状況が続いているのは良くありません。

しかし不思議なもので、時間を作って寝ようとすると、なかなか寝付けないということがよくあります。睡眠不足解消の予定だったのに、眠りに付けないことが逆にストレスになってしまい、翌朝の目覚めがスッキリしないという人も少なくないはずです。

それに、もし寝溜めの為の睡眠を取ったとしても、意外と気持ちの良い目覚めではないのではないでしょうか。そこで今日は、睡眠不足を一発で解消出来る、そんなテクニックをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠という文字をよく目にしますが、単に睡眠時間が少ないというのが不眠と言うわけではありません。なかなか寝付けないとか、途中で何度も起きてしまったり、起きる時間でもないのに早く目覚めてしまったりというのも不眠状態です。

しかし、明日は遠足とか旅行などのワクワクしたり楽しいことが待ちきれなくて寝付けないのも不眠ですし、試験の前日や悩み事があって嫌なことが原因で眠れないのも不眠なのです。

今の日本は、国民の5人に1人は不眠で悩んでいて、通院している20人に1人は睡眠導入剤などを処方されているくらい、一般的なものです。そうは言っても、不眠は、倦怠感やうつなどの原因となる不眠症と診断される可能性もあります。

そうなると仕事や普段の生活にも支障が出てしまうため治療が必要です。だからこそ不眠と向き合って自分らしい眠り方を見つけてみませんか。そこで今日は、不眠と共存しながら自分らしい眠り方を実現する技をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

睡眠時間は短くする事が出来ます。睡眠時間は7時間、8時間が良いといいますね。ですが、仕事の都合により7時間寝ることが難しい日もあるでしょう。短い睡眠では疲れが残りダルさを感じてしまう人が多いでしょう。

休みの日に寝溜めとして長時間寝て、休みの日を1日寝て過ごす人も少なくありません。もったいないですね。毎日快眠が出来ていれば休日に長時間寝ることもなく、趣味の時間に1日を使えます。

毎日快眠する為に必要な事は時間ではなく質です。短い睡眠時間で疲れがとれないのは、時間が足りないからではなく質が悪いからなのです。

短時間睡眠を行うコツを知り、正しい短時間睡眠の方法で、短時間で健康的に疲れをとり、スッキリした目覚めで一日を迎え、休日も充実させましょう。
[ 続きを読む… ]

短時間睡眠を活用し忙しくても集中力を維持する7つのコツ

短時間睡眠を活用し忙しくても集中力を維持する7つのコツ

「1日24時間では足りない」と思ったことはありませんか?何かと忙しい現代社会。「やらなければいけないこと」と「やりたいこと」をやろうとすると24時間では足りず、やりたいことを諦めている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、近年もてはやされている短時間睡眠です。短時間睡眠とは文字通り少しでも多くの時間を有効活用するために、睡眠時間を短くすること。

とは言え、ただ睡眠時間を短くするだけでは、1日の疲れを十分に取ることができないため、集中力の低下や高血圧、うつ病など健康がおびやかされることもあります。

せっかく時間を有効活用できても、健康で過ごせなければ元も子もありませんよね。そこで今回は、短時間睡眠でもしっかりと疲れをとるコツをご紹介します。
[ 続きを読む… ]

「早起きは三文の徳」から学ぶ活力が蘇る7つの習慣

「早起きは三文の徳」から学ぶ活力が蘇る7つの習慣

毎日の疲れをしっかりと取るには早寝、早起きが大切。小学生のころ親から毎日のように言われた方も多いでしょうし、昔からことわざで「早起きは三文の徳」とも言われております。

これは早起きは体にも良く、僅かながらの徳があるという意味です。(三文は今の100円ほどの価値)昔は電気がなく、夜遅くまで起きているとろうそくも油の費用も掛かってしまうため、暗くなれば早々に床に就きました。

そして早く寝ることで日の出とともに目覚め、しっかりと疲れが取れた体で一日頑張って仕事をこなすことができました。では、現代の私達の生活はどうでしょうか。

深夜遅くまでコンビニや、お店も開店し、テレビも深夜放送を流し、明け方までネットサーフィンなんて人も多いのではないでしょうか。夜型の生活の割合が増えれば増えるほどストレスや、体調不良を訴える方も増えています。

こんな時代だからこそ、今一度古の人々の知恵「早起きは三文の徳」を考え実践してみましょう。では、早速早起きで生じる「徳」を7つをご覧いただきましょう。
[ 続きを読む… ]