勉強できない子とできる子の圧倒的な違いをチェック!

勉強できない子とできる子の圧倒的な違いをチェック!
親にとって、子どもが勉強できないというのはあまり嬉しくないですよね。できれば、自分の子どもには勉強ができてほしいものです。

最近では小さい頃から学習塾に通う子も多く、自分の子にはある程度勉強できるように育って欲しいと願う親もが多い証拠ですよね。ですが、小学校・中学校と成長するにつれて、勉強できない子とできる子の差がはっきりと出てきてしまうのも事実。いくら学習塾に通っていても、勉強できない子もいます。

勉強できる子はいったいどうやっているのか!それがわかれば、勉強できない場合でもちょっとはできる子に近づけるに違いありません。勉強できない子とできる子の違いってなんなんだろうと気になりますよね。

そこで今回は、勉強できない子と出来る子の圧倒的な4つの違いについてお伝えします。



 

勉強できない子とできる子の
圧倒的な違いをチェック!

 

復習をしない


昔から「予習復習」と言いますが、予習だけでは成績アップにはつながりません。塾に通えば、学校の授業の先の内容まで学ぶことができますが、その内容を一回だけ聞いてすぐに覚えることは難しいですよね。

肝心なのは何回も復習をするということです。授業内容だけでなく、テストで間違えた部分や問題集で解けなかった部分を何度もやり直して、なぜ間違ったのかを自分で理解し、それを新たに正解に導く考え方が理解できた時に初めて「できた」という達成感を得ます。

それが偶然の「できた」でないように、何回もやってみる!同じことを何回も繰り返すのは面白くないし飽きてきますが、その忍耐力こそが大切!

復習をすることで、自分が理解できていない苦手なポイントをつかめるので、今後の勉強の仕方も工夫できます。採点された答案用を再度観るのは嫌かもしれませんが、その答案用紙を100点にできれば大きな自信になります。

繰り返し繰り返しの復習を忍耐強く飽きることなくできる人こそが、勉強できないを脱出できるに違いありません!

 

継続する力を持っていない


「継続は力なり」というほど、続けることは何事にも大切なことです。1日に何時間と勉強したとしても、その1日で終わってしまうと意味がありません。

毎日少しずつ、5〜10分でもいいので続けることができる道につながります。勉強できない子も短時間ならば、例えば毎日帰宅して遊びに行く前に5分勉強する!と決めると、継続できそうですよね。

「塵も積もれば山となる!」のとおり、短時間でも継続していけば、1日10分の勉強は1ヶ月で5時間勉強していることになります!

少ないと思うかもしれませんが、毎日の宿題以外でそんなに勉強することってないですよね。初めは5〜10分だった勉強も続けることで勉強が楽しくなって、勉強時間が伸びるかもしれません。勉強できない!と思っているのなら、まずは毎日数分からの勉強を続けてみてください。

 

「自分は勉強できない」と思い込んでいる


何事も思い込みは、こわいですよね。日々の生活で自分が思い込んでいたことと、本当は違ったという経験したことがある方は多くいるはずです。勉強もそうです。「自分は勉強できないから」と思い込んでいると、そうなってしまうのです。ですが、勉強できないと思い込んでいる人は大抵きちんと勉強していない人が多いのも事実。

勉強できないのではなく、勉強してない、ということです。ですので、一度できるできないは別として、教科書を開けて始めてみましょう。

数分でいいんです。取りかかることが大切!きちんと勉強すれば実はできる子だったなんてこともあります。思い込みに惑わされずにどんどん進めてみましょう。努力した分だけ、自分にかえってきますよ。

 

親は口出ししない


どの親も自分の子どもはかわいいので、子どもが困っていたら、すぐに手を差し伸べて助けてあげたい!と思いがちですが、勉強の場合は、すぐに手を差し伸べず、子どもが悩んでいてもグッとこらえて見守りましょう。

「うちの子は勉強できないから」と親が思って、手取り足取り教えていたのでは、子どものためになりません。一体誰のための勉強なのか・・となります。

そして子ども自身、困った時は誰かが助けてくれる!と自分で解決できない子どもになってしまいます。子どもが悩んでいたらヒントを出す、また知らない単語が出てきたら、 辞書を使って調べるとアドバイスしてあげるといいでしょう。

勉強できないのではなく、親が子どもを勉強しない子にさせてしまっていることがよくないことです。子どもが辞書で調べてわかった時は、上手に辞書が使えたね、と褒めてあげ、ヒントでもわからない時は一緒に考えてみようかとあくまでも全ては教えないことが大切!

子ども自身の頭で考えないと、身にはなりませんからね。親の接し方で、子どもの勉強への姿勢は変わってきます。

 

このように勉強できない子とできる子の違いを4つ挙げましたが、いかがでしたか。

勉強できない!と感じている子は、自分は勉強できない、勉強は長時間するべき、と考えがち。ですが、何事も長時間すればいいというものではなく、短時間でも毎日続けて勉強したほうが身になるということです。勉強するのは短時間でいいよと言われたほうが、俄然やる気はでますよね。

とにかく、勉強してみる!それが一番です。勉強できない子とできる子の違いは、勉強するかしないかです。短時間でもいいので継続して、とりあえずやってみましょう。

子どもを見守る親も、すぐに口出すのではなく、すこし遠くから温かく勉強している姿を見守ってあげましょう。わからない問題をそのままにするのは良くないので、子どもが困っていそうだなと感じたら、「ヒントだしてあげようか」とちょっと楽しそうだな!と思わせる口ぶりで話しかけてみてください。

わからない時はイライラし、気分も落ち込んでいるので、楽しそうな要素があればモチベーションもあがりますよね。勉強は自分で考えて、答えを自分で見つけることで、自信になり勉強が好きになっていきます。

全て親が教えていたら、子どもにとって良くありません。親と子の関係は勉強が始まる前のずっと小さい時期から始まります。できるかぎり全てをせず、自分でする力を身につけれるように小さい時から意識していたいですね。

まとめ

勉強できない子とできる子の圧倒的な違いは

・復習をしない
・継続する力を持っていない
・「自分は勉強できない」と思い込んでいる
・親は口出ししない

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

「エレメント・タロット」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメント・タロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント