きれいな胸のラインをつくる5つのコツ

きれいな胸のラインをつくる5つのコツ
きれいな胸のラインは女性のあこがれですよね。きれいな胸の条件では大きさはもちろん大切ですし、形やトップの高さ、それにアンダーやウエストとトップのバランスなどもきれいな胸の外せない条件です。

胸のラインは肩や頭の形のように骨で決まっているわけではないし、ふくらはぎや太もものように筋肉で胸のラインが固定されるわけではありません。「なりたい形になる・整えることができる」それが胸のラインの特徴なのです。

ただ、言い換えればちょっと油断したりケアを怠れば、せっかくのきれいな胸のラインもすぐに崩れてしまうということ!きれいな胸になるためには日々のケアが大切なのです。ということで、今回はきれいな胸のラインをつくるコツをお伝えします。

自分の胸の形やサイズに合ったブラジャーをつけること

きれいな胸はブラジャーで作られます。きれいな胸のラインをつくるために、自分の胸の形やサイズに合ったブラジャーをつけましょう。今つけているブラジャーがパカパカしたり上にずり上がるという方はブラジャーのサイズが合っていません。

下着屋さんに行って店員にサイズを測ってもらってくださいね。日本人は謙遜する方が多いせいか、アンダーが大きいブラジャーやカップの小さいブラジャーをつけている女性が多いです。きれいな胸への第一歩は自分に合ったブラジャーをつけることです。

 

ナイトブラをつけること

女性の乳房を支えているのはクーパー靭帯です。クーパー靭帯が切れたり伸びたりすると乳房が垂れ下がってしまいます。そして、恐ろしい話ですが、一度切れたり伸びたクーパー靭帯は縮んだり再生することはほとんどありません。

伸びっぱなし切れっぱなしのまま、乳房がどんどん垂れてしまうのです。つまりきれいな胸を作る・保つためには、クーパー靭帯が切れたり伸びたりするのを防ぐことが大切ということ!

クーパー靭帯は乳房の重みでも少しずつ伸びるので、ブラジャーなどの下着で乳房を支えてあげることがクーパー靭帯を伸ばさない秘訣です。日中はブラジャーをつけますが、問題は夜寝るときです。

夜寝るときにも乳房の支えが必要です。ナイトブラをつけてクーパー靭帯を守りましょう。ナイトブラはクーパー靭帯を守るだけでなく、うつぶせや寝返りのときに乳房の形が崩れるのも防いでくれますよ。

 

運動時にはスポーツブラをつけること

走ったり飛んだりするとき、乳房は上下に揺れます。このときクーパー靭帯が伸び、最悪、ぷっつり切れます。

ランニングをしたりダンスをするときはもちろん、ヨガやピラティスなど体を激しく上下させない運動をするときも、スポーツブラをつけるのがおすすめです。

ここでいうスポーツブラとは小学生がつけるノンカップブラやノンワイヤーブラのことではなく、スポーツメーカーが販売しているスポーツ用のブラジャーのことです。

スポーツブラは胸のホールド性やサポート性に優れ、さらに速乾性や通気性も高いです。スポーツウェアやスポーツ用品を扱うお店にあるので、探してみてくださいね。

 

短期間で体重を落とすダイエットをしないこと

胸は脂肪でできています。そして、胸は女性が生存するうえで必要なものではありません。なので、ダイエットをしたり体調不良で体重が落ちるとき、落ちるのは胸からです。

特に一気に体重を落とす短期間集中ダイエットでは、胸の肉がなくなってしまいます。お腹のお肉は……残念ながらお腹のお肉には「内臓を守る」という重要な任務があるため体はなかなか手放しません。

ということで、きれいな胸のラインをつくりたいときには、短期間で体重を落とすダイエットは控えましょう。

また、お腹や腰回りにそれなりに脂肪がついていなければ胸に肉はつきません。生存するのに胸に肉は不要だからです。胸に肉をつけてきれいなラインをつくりたいなら痩せ過ぎはだめ!痩せ過ぎの方は、まずは体重を増やすことから始めてみてくださいね。

 

胸筋を鍛えること

いくらクーパー靭帯を伸ばさないように気を付けても加齢には勝てません。年をとればとるほどクーパー靭帯は伸びたり切れやすくなりますし、また、胸自体もしぼみやすくなります。

こんなときは、伸びたクーパー靭帯やなくなった肉にかわって胸を支えたり胸を大きく見せてくれる胸筋を鍛えることで、きれいな胸のラインをつくることができますよ。

胸筋を鍛える方法では、エクササイズ用のチューブを両手で持ち胸の前で左右に引っ張るのがおすすめです。

また、胸の前で両手の指先を合わせ左右からぎゅっと力を入れるのも胸筋を鍛えるのに効果的です。さらに、胸筋をつけるためには良質なタンパク質が必要!鶏ムネ肉やササミなどを食べるとよいです。

 

以上がきれいな胸のラインをつくる5つのコツでした。きれいな胸のラインをつくるために必要なのが自分に合ったブラジャーをつけること!サイズをきちんと測り、自分に合ったブラジャーを買うようにしましょう。

大きすぎ・小さすぎのブラジャーではきれいな胸のラインはつくれません。乳房を支えるクーパー靭帯は再生することはほとんどありません。今あるクーパー靭帯を守るためにナイトブラやスポーツブラをつけてくださいね。

きれいな胸をつくるためには、胸の肉を落とさず保つこと、またクーパー靭帯の代わりに胸を支えてくれる胸筋を鍛えることがおすすめです。過激なダイエットは避け、良質なタンパク質の摂取と筋トレをすることできれいな胸をつくることができます。

まとめ

きれいな胸のラインをつくるためには

・ 自分の胸の形やサイズに合ったブラジャーをつけること
・ ナイトブラをつけること
・ 運動時にはスポーツブラをつけること
・ 短期間で体重を落とすダイエットをしないこと
・ 胸筋を鍛えること

連記事

コメントをお書きください