赤ちゃんの睡眠時間を学び育児ストレスを軽減する基礎知識

赤ちゃんの睡眠時間を学び育児ストレスを軽減する基礎知識

あぁ、やっと寝てくれた…と思ったらまたすぐに起きてしまう赤ちゃん。母親になって何よりも一番辛いのは、今まで当たり前のように取っていた睡眠が取れないことです。

睡眠時間が少ないと疲れた心や体を回復することができないので、疲労はどんどん蓄積していく一方。さらに、慣れない子育てで立て続けに起こる予期せぬ出来事や失敗の数々、掃除洗濯に料理と、到底一日が24時間では足りません。そして体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいなので、ストレスのレベルもピークを超える一歩手前です。

赤ちゃんのお世話が24時間休みなく続くことにかわりはなくても、生体リズム、特に赤ちゃんの睡眠時間についての基礎知識を理解していると、毎日の精神的な育児ストレスの掛かり具合が違ってきます。それでは赤ちゃんの睡眠時間の特徴と、どのように対応すれば効果的なのかをこれからお話していきます。



 

赤ちゃんの睡眠時間を学び
育児ストレスを軽減する基礎知識

 

赤ちゃんの一日を分析してみましょう


赤ちゃんの一日は、短い睡眠と授乳、おしっこ、うんちの繰り返しです。体の成長と共に一回の赤ちゃんの睡眠時間は長くなり、また起きている時間も長くなります。

まだママの体内から出てすぐなので、一日のリズムができ上がっていないため、赤ちゃんの睡眠時間は夜とは決まっていません。月齢とともに変化をしながら、3、4ヶ月頃から徐々に体内時計ができてくるのです。

 

赤ちゃんの睡眠時間を知りましょう


生後0歳からの赤ちゃんの睡眠時間は、15時間から20時間です。しかしこれは一回のまとまった時間ではなく、何回かの2〜4時間の短く浅い睡眠を合わせた一日の総計の時間です。そして通常は成長に従い、一回の睡眠が徐々に長く深くなっていくのが特徴です。

赤ちゃんの日中の睡眠時間は、生後8ヶ月頃になると午前と午後1回ずつのお昼寝となり、4歳以降はお昼寝をしない赤ちゃんも出てきます。とはいっても個人差があるので、ひとつの目安として考えてください。

 

寝たりないときの行動を理解しましょう


赤ちゃんは睡眠時間が足りていないと、一日中ぐずっていたり、ひどく夜泣きをしたり、いつもよりお腹が空いたり、昼間ボーッと半分寝ていて夜に目がらんらんと輝いていたりなど、スッキリとした一日を過ごしません。

赤ちゃんがこのような状態になっていたら、もっと睡眠が必要なのかもしれません。寝る時間(お昼寝時間)をいつもよりも早めに始めてみましょう。早めに寝かせると、いつもよりも長く寝たりすることもあるので不思議です。

 

夜泣きへの対応を実行してみましょう


夜中に何度も泣いて起きてしまう、授乳やオムツ替えをしても泣き止まないなど、夜泣きは自分も泣きたくなってしまうほど辛いものです。

原因としては、まだ睡眠リズムが確立していないということや、お腹が空いていたり、運動が足りてなかったり、昼間にあった出来事の興奮が残っていたり、不安だったりとさまざまです。

通常のお世話をしても泣き止まないようだったら、抱っこして背中を優しくゆっくりトントンしてみたり、背中や足の裏をそっとマッサージしたり、赤ちゃんが安心してリラックスできることをしてみます。また、午後4時以降には、夜の就寝時間までお昼寝をさせないようにしましょう。

 

睡眠に関する育児ストレスについて考えてみましょう


苦労してやっと寝かせたのにすぐ起きてしまった時、寝かせたいのにグズって寝ない時、夜泣きが止まないなど、睡眠に関連した悩みはいろいろあります。

ただ、赤ちゃんの睡眠時間は、何時から何時と決まってはいません。本能に従って、眠くなったら眠る、お腹が空いたら泣くという行動をするだけです。何もわざとママを困らせようと思ってしているわけではないので、できるだけ冷静に受け取って対応していきましょう。

 

赤ちゃんの体内時計を育成する手助けをしましょう


生まれたての赤ちゃんには、昼も夜もありません。そこで、赤ちゃんの一日のリズムを規則的に形作るサポートをしていく必要があります。

親の起床時間になったら太陽の光を感じられるようにきちんとカーテンを開け、就寝時間近くになったら.電気を暗くして眠りに入りやすくします。今は赤ちゃんが睡眠時間を規則正しく取れるようになる準備と考え、毎日規則正しく生活しましょう。

 

赤ちゃんの睡眠時間を上手に過ごしましょう


赤ちゃんが寝ている間に家事をしようと思う気持ちはわかりますが、極力、完璧を目指さないようにするのが大切です。家事は上手に手抜きをし、なるべくお昼寝一回分は赤ちゃんと一緒に寝てしまいましょう。

そしてまわりの助けを借りること。夫はもちろんのこと、親や兄弟、友人や隣人で快く助けてくれそうな人がいる場合には、お願いしてみてください。

もし疲れていない時には、赤ちゃんが寝ている間一回ぐらいは自分の好きなことをするのもストレス軽減に役立ちます。音楽を聴いてもいいし、本を読んでもいいし、テレビやDVD、ネットサーフィンなど、楽しいと思えることをしてみましょう。赤ちゃんに十分な愛情を与えてあげられるためにも、自分のストレスと上手に向き合うことは大切です。

 

いかがでしたか。

赤ちゃんはまだ睡眠のサイクルが確立していないので朝夜の区別ができず、また赤ちゃんの睡眠時間はとても浅く短いため、一日に何度も眠ることがわかりました。

睡眠の特徴を理解すると、今までの悩みの原因がわかるので、今後冷静に対応していけるはずです。そしてこの時期非常に重要なことは、規則正しい生活を心掛けて、赤ちゃんの睡眠サイクルや体内時計の育成を手伝い、赤ちゃんの睡眠時間を長くまとまったものと定着できるよう働きかけていくことです。

親になるとなかなかまとまった睡眠を取るのは難しいですが、赤ちゃんのお昼寝時間を上手に利用して、短くても深い睡眠を取り、疲労回復やストレス軽減をしていきましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの睡眠時間を学び育児ストレスを軽減する方法とは

・ 赤ちゃんの一日を分析してみましょう
・ 赤ちゃんの睡眠時間を知りましょう
・ 寝たりないときの行動を理解しましょう
・ 夜泣きへの対応を実行してみましょう
・ 睡眠に関する育児ストレスについて考えてみましょう
・ 赤ちゃんの体内時計を育成する手助けをしましょう
・ 赤ちゃんの睡眠時間を上手に過ごしましょう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント