アロエの食べ方、栄養たっぷり7つのレシピ

アロエの食べ方、栄養たっぷり7つのレシピ
アロエの食べ方って難しいですよね。アロエは、ユリ科アロエ属のことを言い、たくさんの種類がありますが、その中でもなじみがあるのがアロエベラです。市販のヨーグルトなどに入っている透明のプルプルした食感のものはおなじみですね。

このように、アロエと言えば、ヨーグルトやドリンクに入っているという印象が強いですが、アロエの食べ方を覚えてしまえば、栄養たっぷりアロエ活用レシピのレパートリーが増えますし、他の食材と一緒に食べることによって、さらに美容や健康によい効果もあります。

しかし、アロエの食べ方は難しそう、相性がよい食材が少なそうと思われがちです。そこで今回は、アロエを使った栄養たっぷりのレシピを7つお伝えします。

アロエジュース

アロエの食べ方で忙しい朝におすすめなのがアロエジュースです。アロエにはビタミン、ミネラル、酵素など、200種類以上の栄養素が入っていますから、アロエだけ摂っても十分栄養があります。

アロエジュースのレシピは簡単で、ミキサーにアロエと水と氷を入れてミキサーをかければ完成です。爽快感が欲しいという人は、市販のレモン汁で風味をつけるとさらにおいしくなります。甘いものが苦手な人やダイエット中の人でも、アロエと水だけで作ったアロエジュースならカロリーを気にせず飲めますよね。

 

アロエの刺身

お酒のつまみというと、カロリーが高くコレステロールや脂質が多いレシピが多いもの。ですが、アロエの刺身を食べれば消化を活発にしてくれる効果があるため、脂っこいおつまみを食べても胃もたれを防止することができるのです。

アロエの刺身の食べ方は、まずアロエベラのとげと皮を取り、お湯でぬめりを取ります。その後、水につけて洗い、刺身用に切れば完成なので簡単です。

 

アロエ野菜サラダ

アロエベラからアロエを料理に使う時の下処理は、とげを取り、皮をむいて、ぬめりをお湯でとって水で洗うが基本。ですが、アロエだけ食べるのに飽きてしまったという人におすすめのアロエの食べ方は、野菜サラダにアロエを入れるレシピです。

暴飲暴食が続いて胃腸が弱っている時などに、アロエ野菜サラダを食べれば、荒れていた肌が再生する効果が得られます。アロエに含まれるアロエシンという栄養素が、肌のメラニン色素の働きを抑える効果があるので、美白効果が期待できますよ。

 

アロエヨーグルト

アロエの食べ方で定番なのがアロエヨーグルトですよね。市販のアロエヨーグルトが甘いという人には、アロエベラを無糖ヨーグルトに入れて食べる、自家製アロエヨーグルトがおすすめです。

アロエには、便通を促す効果があると言われています。ヨーグルトは腸内環境を整える作用がありますから、アロエとヨーグルトの組合せは、まさに便秘解消に効果てきめんなのです。

 

アロエのはちみつ漬け

アロエには、皮膚の炎症を抑える効果があります。そこで、咳がひどい時や風邪で喉が炎症している時などにおすすめのアロエの食べ方が、アロエのはちみつ漬けです。はちみつにも喉の痛みを和らげてくれる効果があるので、ピッタリです。

アロエのトゲをとって、皮を剥かずに薄切りにスライスして瓶などの容器に入れます。そこにはちみつを流し込んで1日以上浸ければ完成です。夏場は発酵しないように冷蔵庫に入れましょう。

 

マグロとアロエのカルパッチョ

貧血気味の人におすすめのアロエの食べ方が、マグロとアロエのカルパッチョです。アロエには消化を促す作用がありますから、体の中に老廃物が溜まりやすい人にはおすすめなのがですが、さらに貧血だという人には、鉄分が豊富に含まれるマグロと合わせて食べる方法がおすすめです。

アロエのトゲと皮を取り、ぬめりをお湯で取った後に冷水ですすぎます。マグロはお刺身を裁く要領で薄切りにしましょう。このアロエとマグロをオリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁など好みのドレッシングであえます。塩こしょうを振ったら完成です。

 

フルーツアロエゼリー

アロエは苦みがあるから苦手という人におすすめのアロエの食べ方が、アロエとフルーツのゼリーです。アロエは、皮を剥き、ぬめりをお湯で洗ってとり、冷水ですすぎ、よく水を切ります。フルーツの100%ジュースにアロエを入れたら、そこにお湯で溶いたゼラチンを適量入れます。

よくかき混ぜたあと、熱を冷ましたらアロエフルーツゼリーの完成です。フルーツにはビタミンが豊富に含まれますし、アロエには美肌効果があるため、肌の美容に効果的なレシピですし、風邪予防にもなります。

 

さて、アロエの食べ方というと、アロエベラから調理するのは難しそうと思われがちですが、アロエベラは野菜と同じで皮を剥けばアロエの果肉が入っていますから、ぬめりを取る作業さえしてしまえば、簡単に調理出来ます。

アロエだけでも栄養素が豊富なので美容と健康にはよいのですが、アロエの食べ方を工夫することで、飽きることなく、アロエを食べ続けることができます。忙しい朝には簡単なジュース、お酒を飲むときにはスッキリと刺身、食後のデザートには、ヨーグルトやゼリーにするなど、シーンによってレシピを変えましょう。

アロエには、アロエにしか含まれない独自の栄養分も含まれているので、日頃からアロエの食べ方を工夫して、日常的に食べることをおすすめします。

まとめ

栄養を活かすアロエの食べ方とは

・アロエジュースは朝におすすめで美肌効果
・アロエの刺身はヘルシーなお酒のつまみに
・野菜サラダにアロエを混ぜて健康に抜群
・アロエヨーグルトは便秘解消にてきめん
・はちみつ漬けは食べやすくたくさん食べれる
・マグロとのカルパッチョは貧血予防に
・フルーツと一緒にゼリーにして風邪予防

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

「マナ・タロット」では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!

連記事

コメントをお書きください