短眠者必見! 3時間睡眠のメリット・デメリット

短眠者必見! 3時間睡眠のメリット・デメリット
最近、3時間睡眠でも活動的に生活を送っている人っていますよね。3時間睡眠は短時間睡眠法と呼ばれ、一日に必要最低限の睡眠をとることにより、残りの時間を他の活動に充てるという1日が24時間では足りない忙しい社会人や、可能な限り勉強時間を増やしたい受験生の間などで注目されています。

確かに、日常生活を送っていると、時間が足りない、眠る時間を削って、他の時間に充てられたら良いのにと考えるシーンは多々ありますよね。そんな夢の3時間睡眠ですが、注目はされていても、実際に取り入れている人は少ないのではないでしょうか。

今日は3時間睡眠のメリット・デメリットについてお伝えします。3時間睡眠のメリットとデメリットを理解することにより、自分に合った方法なのか判断していきましょう。



 

短眠者必見!
3時間睡眠のメリット・デメリット

 

1.1日の活動時間が増える


日本人の睡眠時間の平均は7時間から8時間といわれています。3時間睡眠にすれば、今まで寝ていた時間である4時間から5時間を自由に使えるようになる訳です。

1週間で考えると28時間から35時間、時間が増える訳ですから、単純に考えて、1週間が1日増えたようなものです。1週間が8日間になれば、今まで時間がないと諦めていたこともできそうですよね。

 

2.ストレスが軽減する


1日のうちであれもしたい、これもしたい、でも時間がないという生活はストレスが溜まるものです。特に仕事や家庭のことで忙しくて、自分の自由な時間が取れない環境だと、余計に自由時間が取りたくなり、取れないことにストレスを感じイライラしてしまいます。

そのイライラを何とか自分の中で昇華できれば問題ないのですが、イライラした気持ちを周りの人間にぶつけたり、焦る気持ちから仕事でミスをしてしまったりしてしまっては問題です。

しかし、3時間睡眠で1日の活動時間を増やすことが出来れば、増えた分だけ余裕が出る訳です。余裕が出た時間を自分の好きな時間に充てることが出来れば、やりたいのに時間がなくてできないというストレスを軽減することが出来ます。

 

3. 仕事や学業で成功する


何かで人より成功しようとしたとき、他の人より多く努力することは成功するための大きなカギになります。ライバルと同じ時間だけ頑張っていても、ライバルに勝つことは出来ません。ライバルが努力していない時間も自分は努力することによってはじめてライバルに差をつけることが出来るのです。

3時間睡眠にして活動時間を増やせば、ライバルが寝ている時間を利用してライバルに差をつけることが出来ます

 

4. 睡眠の質が悪いと疲れが取れない


3時間睡眠の最も重要なポイントは短時間でも良質な睡眠をとれる体質であるということです。

世の中には、無理をしなくても短時間睡眠で十分疲れがとれる人もいますので、そういう人は短時間睡眠向きといえますが、今まで7~8時間睡眠で疲れをとってきた人が急に短時間睡眠に変えると睡眠の質が良くないままでの短時間睡眠となり、疲れが取れなくなることがあります。

睡眠で疲れが取れない状態は、日中も眠気を感じるだけでなく、判断能力の低下を引き起こしてしまいます。

今まで7~8時間睡眠をとっていた人が短時間睡眠に変えたい場合には、急に3時間睡眠を始めるのではなく、徐々に時間を減らしていくなど段階を踏んで進めることをお勧めします。

 

5. 自律神経の乱れが起こる


睡眠が良質なものになるかどうかは、自律神経の働きにかかっています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は活発に活動しているときに、副交感神経はゆったりとリラックスしているときに働きます。

また、交感神経と副交感神経は片方が働いている間は片方が休憩するというように交代で働いています。この交感神経と副交感神経の働きを切り替えてあげるのが自律神経です。

睡眠時間が短く、この自律神経の切り替えが上手くいかないと、睡眠の質が悪くなり、自律神経が乱れる原因となります。自律神経が乱れると、頭痛や吐き気、めまいや胃腸障害など様々な症状があらわれますので注意が必要です。

 

以上、3時間睡眠のメリット・デメリットについてまとめてきましたがいかがでしたか。

3時間睡眠は実現できればメリットだらけといえますが、3時間睡眠では良質な睡眠が確保できない体質の人はストレスや体の不調を起こしやすいです。

実は、3時間睡眠で良質な睡眠をとれる体質の人はストレスが少ない人、日中、楽しく過ごしている人が多いです。

小さな怪我なら治るのが早いけれど、大きな怪我をしたら治るのに時間がかかるように、昼間、沢山ストレスを感じる出来事があると心が傷ついたり疲れたりして、治すのに多くの睡眠を必要とするのでしょう。

自分はショートスリーパー、ロングスリーパーと決めつけるのではなく、その日その日の自分の体や心に耳を傾け賢い選択をしていってください。

 

まとめ

3時間睡眠のメリット・デメリットは、

・1日の活動時間が増える
・時間がなくて諦めていたことが出来るようになり、ストレスが軽減する
・仕事や学業で成功する
・睡眠の質が悪いと疲れが取れない
・自律神経の乱れが起こる

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント