チャクラを開いて心をケアする7つの経路活性術

チャクラを開いて心をケアする7つの経路活性術

チャクラを開いて心をケアしよう!、、、とその前に「チャクラ」って何だか知ってます?「チャクラ」とは、サンスクリット語で「車輪」を意味します。インドでは、私たちの身体の中には、目には見えないチャクラと言われる“回転する光の輪が存在しているといわれています。

主要な「チャクラ」は、背骨の底部から、頭頂部にかけて、7つあり、時計回りに車輪のように回っていて、気のエネルギーを取り込みます。そして、各チャクラに対応する心や体の部位に働きかけます。

この「7つのチャクラ」をバランスよく活性化させることにより、エネルギーの流れをスムーズに促し、心、身体を健康に保つことができるのです。

では早速、7つのチャクラを開いて心をケアして、病気やストレスに負けない心と身体をつくる方法をお伝えします。



 

チャクラを開いて心をケアする
7つの経路活性術

 

第1チャクラ(ルートチャクラ)をケアする

・第1チャクラとは

大地にしっかり根をおろし、生きるためのエネルギーを取り入れるためのチャクラ。

ルートチャクラと呼ばれ、位置は、尾てい骨、脊椎の一番下にあります。

・役割

第1チャクラはベースであり、生命エネルギーの基盤ともなるチャクラで、体中のエネルギーをまわしている重要なチャクラです。物質面(衣食住、仕事など)の安全、自己防衛反応など生命力そのものを司ります。身体的には、「背骨柱、腸、足、骨格」に影響があります。

第1チャクラのバランスが良いと、現実社会をしっかりと生きるための強い心が宿ります。バランスが悪いと、心身の生命エネルギーが欠乏し、何時も何をするのも億劫になります。また、人と関わるのが、面倒になってきたり、自分の存在を否定するような不安に襲われます。 慢性の腰痛になったり、心の病(うつ病、自律神経の乱れ)を引き起こすこともあります。また、忙しすぎたり、物質面(衣食住)に対して、過度に恐れを抱いたり、執着しすぎると、第1チャクラの 状態が悪くなります。

・色   ~ 赤 ~

瞑想をするときに、バランスが良い状態の色をイメージするとチャクラをケアすることができます。バランスが良い場合は、輝くルビーの色になります。悪い場合は、黒みを帯びたくすんだ赤になります。

・心のケアの方法

◆しっかり大地に足(根)をおろして立つこと(グラウンディング)がとても大切です。

つまり、生きる基盤をつくること。大切なのは、生きようとすること、そしてそのために行動することです。
例えば、安心して暮らせるように収入や必要なものを得ること、食事をすること、自分を大切にすることで す。

◆大自然の気(地球のエネルギー)」をたくさん浴びる。
山、森や海など自然の豊かな場所へ 足を運び、自然の気をたくさん受けとりましょう。
また、土(アスファルトはダメ)の上に、裸足で立っているだけでも大地のエネルギーを得ることが できます。

◆天気の良い日に自然の多い場所で、散歩をして太陽の光をたくさん浴びましょう。

 

第2チャクラ(サクラルチャクラ)をケアする

・第2チャクラとは

自分の本質とつながり、人生の楽しみ喜びを味わうためのチャクラ。

サクラルチャクラと呼ばれ、位置は、丹田(おへそから指3、4本下)にあります。

・役割

第2チャクラは、自分自身の深い部分と繋がり、彩りのある人生を感じ、その喜びを味わうことに意味を感じます。第2チャクラのバランスが良いと、自己肯定感が生まれ、やる気に満ちあふれ、「自分らしい人生を生きて 行こう」という信念が生まれてきます。また、人との繋がりに喜びを感じます。

バランスが悪いと、自分らしさがなくなり、人生に不満をもったり、漠然とした不安を感じたりするようになり ます。また、人と繋がることを恐れ、触れ合うことや、親密な関係を持つことに困難を感じたりもします。

身体的には、人間の三大欲求(食欲・睡眠欲・排泄欲または、性欲)を満たすこと、「性器、膀胱、大腸、前立腺、子宮などの生殖器」に影響があります。
ストレスを感じていたり、心配事があったりすると、第2チャクラの状態が悪くなります。

・色  ~ オレンジ ~

オレンジ・・・バランスが良い場合は、内部に白い光を宿しています。悪い場合は、焦げた色味になり、 濁ったオレンジ色になります。黒みを帯びたくすんだ赤になります。

・心のケアの方法

◆自分の身近なもの(例えば友人、恋人、仕事、消費)などで、欲を満たそうとするのではなく、「 自分  は、何をどうしたいのか?」という本当の想いに気づき、等身大の自分を認めることが大切です。

◆植物を大切にする。
観葉植物や花を育てる。道に咲いている花をみる。など、植物を生活の中に取り組む工夫をしましょう。 そして植物の気持ちを感じてみてください。

◆複式呼吸をする。
チャクラの場所があるおへその下あたりに空気がはいるイメージで呼吸します。
おなかを膨らませながら、鼻からゆっくりと息を吸います。少し息を止めてから、おなかをへこませながら、口 からゆっくりと吐き出します。

 

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)をケアする

・第3チャクラとは

外の世界と良い関係を保ちながら、自分の自信を成長させていくためのためのチャクラ。

ソーラプレクサスチャクラと呼ばれ、位置は、みぞおちにあたる部分です。

・役割

第3チャクラは、集団の中で、自分らしく生きていく、そして他人と自分への信頼を高めるエネルギーが 出入りしています。第3チャクラのバランスが良いと、自信があふれ、自分を表現しようとする強い意志と勇気と行動力がで てきます。適切な判断力が働くため、能力が発揮しやすくなり、目標達成もしやすくなります。

バランスが悪いと、自己中心的な行動が目立つようになります。周囲をコントロールしようとしたり、すべて の物事に対して、敵対心を持ってしまいます。

また、自信や意欲の喪失につながることもあります。自分が価値のない人間に感じたり、孤独感  が募る場合もあります。身体では、消化器官に栄養をゆきわたらせます。消化器系、肝臓、腎臓、脾臓、副腎が弱っている 人は注意が必要です。

・色   ~ 黄 ~

バランスが良い場合は、太陽のように輝いた黄色になります。悪い場合は、くすんだ黄色になり、茶色や 黒が混ざってまだらになってしまいます。

・心のケアの方法

◆ありのままの自分を認め、自分らしさを見つけ、自らの人生を切り開いていくために、判断、決断をくだし て、行動していくこと。自分への信頼感、自信を培っていくことです。

◆いい気持ちで寝る。
寝る前には、一日の自分をねぎらい、心地よい眠りについて、心と体を休めましょう。

◆たくさん笑う。
普段より、「もっと笑ってみること」を意識してみましょう。
自分の笑いのつぼに入る映画やテレビ、DVDなどを用意しておくといいですね。

 

第4チャクラ(ハートチャクラ)をケアする

・第4チャクラとは

自分自身、周囲に対して無条件の愛情を感じるためのチャクラ。

ハートチャクラと呼ばれ、位置は、その名のとおり、心臓部分胸の中央に位置します。

・役割

第1~3の下部チャクラと第5~7の上部チャクラの中間点で上下のバランスをとるチャクラでもあります。自分自身をはじめ、周りの人たち、そして、この世に存在するすべてのものに対する無条件の愛を感じる ためのチャクラです。

第4チャクラのバランスが良いと、ネガティブな感情も、ポジティブな感情も、自分の心に湧き上がる感情 をそのまま受け取り、「あるがままの自分」を受容することができるようになります。バランスが悪いと、我慢体質になったり、精神的にダメージをため込んだり、無感動になります。 

また、反対に、感情の起伏が激しくなり、自分の感情をコントロールすることができなくなる場合もあります。身体では、心臓、肺、横隔膜など循環器系、腕、肩、手が、関連しています。

・色   ~ 緑 ~

バランスが良い場合は、エメラルドのような輝く緑色になります。悪い場合は、モスグリーンになります。

・心のケアの方法

◆自分の感情を素直に感じて、自分を愛してあげる。
ネガティブな感情も、ポジティブな感情もそのまま感じることで、あるがままの自分を受け入れ、認めてあげましょう。

◆動物と過ごす時間を大切にする。
動物と親しむ時間をつくる。動物と一緒だとその愛らしさに癒されますよね。動物園にでかけるのもいいと思います。アフリカの広大なサバンナへ「サファリ」に行くのなんかも最高ですよね。

◆姿勢をただしく。
姿勢を正しく、胸をはるとハートチャクラの部分が開き、おのずと自信もわいてきます。猫背になると、胸が閉じてしまいます。新鮮な空気を吸うこともできなくなってしまいます。背中を丸めて縮こまってるなと気づいたら、胸を張って、正しい姿勢を心がけましょう。

 

第5チャクラ(スロートチャクラ)をケアする

・第5チャクラとは

自分らしさを自由に表現、人と円滑なコミュニケーションをとるためのチャクラ。

スロートチャクラと呼ばれ、のどぼとけを中心とした位置にあります。

・役割

「コミュニケーションチャクラ」ともいわれ、 周囲の人々と、円滑なコミュニケーションをとるのに重要なチャクラです。第5チャクラのバランスが良い場合は、自分の主張を上手に相手に伝え、表現することができます。また、周囲の意見を尊重し、人とのコミュニケーションを円滑にとることができます。

バランスが悪い場合は、自己主張が前面に出てしまい、周囲の意見に耳を傾けることができなくなり、 自分勝手な行動をとってしまいます。また、自分の意見を言ったり、表現したりすることに自信がもてなくなり、自分の殻に閉じこもってしまう 場合もあります。

身体では、声帯、気管支、肺などを管理し、甲状腺を通じて、新陳代謝に関する役割をにないます。

・色   ~ 青 ~

バランスが良い場合は、晴れわたったスカイブルーになります。悪い場合は、陰鬱で暗い空の色になりま す。

・心のケアの方法

◆自分らしい新しい人生を作り出していくために、伝えたいことは何でしょう?それを見つけて、表現していきましょう。また、周囲の人々の意見を素直に聴くことも大切です。

◆大きな声を出す。
山登りなどして、「やっほー」なんてのもおすすめですね。お風呂の中で、好きな歌を歌うのもいいかも。
カラオケなどで思い切り歌ってみる。歌の上手い、下手は、関係ないんです。「声をだす」そのことが大切 です。

◆満月に「自分がいままでにできたこと」を書き出すことで「達成感」を感じる。
また、満月は達成感のエネルギーを受けやすいときです。もちろん、日常で達成感を感じることも有効です。

◆言霊(ことだま)の力を積極的に利用する。
「ありがとうございます」という言葉は、魔法の言葉です。口にするだけでも効果があります。

 

第6チャクラ(ブラウチャクラ)をケアする

・第6チャクラとは

自分の人生の「方向性」に関わる宇宙のエネルギーが出入りしているチャクラ。

ブラウチャクラと呼ばれ、眉間に位置していて第3の目とも呼ばれます。

・役割

霊的なインスピレーション、直感、洞察力、予知能力、想像力などに関わるチャクラです。第6チャクラのバランスが良い場合は、今歩んでいる道、人生に対して信頼感を持つことができます。

人間に本来備わっているインスピレーションや直感を受け取りやすくなり、自分本来の目標や夢を見つけ新たな道を切り開いていくことができるのです。バランスが悪い場合は、自分におきることをすべて否定的に捉えてしまい、目標や夢、生き甲斐を感じら れなくなります。すると、本来の自分がやるべきことがわからなくなり、無駄なエネルギーを消費してしまうことになります。

身体では、目、耳、副鼻腔、小脳の機能を調整します。

・色   ~ 藍 ~

バランスが良い場合は、光がちりばめられたインディゴブルーになります。悪い場合は、黒味がかった色に なります。

・心のケアの方法

◆自分が得た直感、インスピレーションを信じて行動してみる。広い視野で周囲を観察する。
自分の人生を俯瞰してみる。理屈、理論、常識に囚われることなく、思いもかけないことが、現実として 起こる可能性があることを信じてみましょう。

◆芸術にふれる。
絵をみたり、音楽を聞いたりして、右脳を活性化させましょう。

◆大切なのは祈りです。
大宇宙の大いなる存在に対して、自分の命への感謝を祈りとして伝えましょう。そして、自分以外の人々の幸せを心から祈りましょう。

 

第7チャクラ(クラウンチャクラ)をケアする

・第7チャクラとは

あらゆるものへの愛とつながるためのチャクラ。

クラウンチャクラと呼ばれ、頭頂に位置しているチャクラです。

・役割

ここでの愛は、「第4チャクラ」でいう無償の愛とは違い、そこに存在するものをそのままの状態で認める。つまり、過去、現在、未来に出会った(出会うであろう)人、経験など、全ての中に意味を見出すことができるのです。

バランスが良い場合は、高次元(宇宙や天上界)とつながることができます。そのため、人生において起きている不運なこと、幸運なこと、すべてが、必然な出来事であると感じることができるようになるのです。また、「自分が存在することへの深い安らぎ」「心の底から湧いてくる感謝」を感じとることができます。バランスが悪い場合は、自分におきることをすべて否定的に捉えてしまい、「恐れや心配」の多い生き方 になります。

・色

…バランスが良い場合は、ダイヤモンドがちりばめられた紫色になります。悪い場合は、曇った 夜空のような色になります。

・心のケアの方法

◆このエネルギーをしっかり受け取るには、下部のチャクラを流れるエネルギーを活性化させ、自分という存 在と向き合うことが必要です。まず自分自身を見つめ、ありのままの自分を認めることから始めてみてください。

◆瞑想をする。
瞑想は、各チャクラの活性にも役立ちます。朝、起きたとき、夜寝る前に、各チャクラに集中し、そのチャクラの良い状態の色を思い浮かべ、全てのチャクラがバランスよく整っていくことをイメージしていきましょう。t

◆感謝する。
日々、あらゆることに感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

◆陰徳を積む。
「陰徳」とは、だれにも知られないように、いいことをすることです。具体的には、ごみ拾いをしたり、神社にお参りしたり、ご先祖供養をしたり、寄付をする。(ただし、誰にも知られずにこっそりすることがポイントです。)

 

いかがですか?
心と身体のバランスを調整するために、チャクラをケアしてはいかがでしょうか?違った視点の健康法として取り入れてみると、新たな自分を発見することができるかもしれません。また、チャクラが活性化していると、そのチャクラに該当するオーラも輝いてきます。チャクラの機能を整えて、自分のオーラを輝かせましょう。

まとめ

チャクラを開いて心をケアする
7つの経路活性術

・第1チャクラ(ルートチャクラ)をケアする
・第2チャクラ(サクラルチャクラ)をケアする
・第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)をケアする
・第4チャクラ(ハートチャクラ)をケアする
・第5チャクラ(スロートチャクラ)をケアする
・第6チャクラ(ブラウチャクラ)をケアする
・第7チャクラ(クラウンチャクラ)をケアする

written by 絆
時は流れないそれは積み重なる。自分の時間を積み重ねていきましょう♪

まずはリラックスしよう!
心をケアするには、リラックスした感情をつくる事も大切です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、心と身体を穏やかな波動で満たしてあげましょう。

自然界の波の音

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、
とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

コメント

  1. 14 says:

    ありがとうございました
    大変わかりやすくまとめてあり。
    感激です。貴重な情報に感謝。

  2. 通りすがり says:

    はじめまして。チャクラについて調べていたらこのサイトに出会ったんですが。

    各々のチャクラが弱まったりバランスを崩してしまう原因を調べています。

    心のバランスが、ちょっとしたことで崩れたときに各々のチャクラのバランスが崩れるのでしょうか?

    …と、誰かに問いかけてみたいと思っていたので書いてみました。(すみません)

    チャクラのわかりやすい説明で、理解しやすかったです。

    ありがとうございました。

コメントをお書き下さい